ソフト

【徹底調査】Premiere Proが一番安いのはここ!【Adobe CCも比較】

Adobe Premiere Proで動画編集を始めようと思うの

でも、ソフトの金額を見てびっくりしたよ

正直、Adobe Premiere Proって高いよね

良いソフトらしいから、仕方ないかもしれないけど、なんとか安く使えないかな

じゃあ、通常の価格よりも安く使う方法を見ていこうか

せっかくなら少しでも安い方がうれしいよね

動画編集をやるなら「Adobe Premiere Pro」を、やっぱり使ってみるべき

でも、実際にその価格を見て、ほとんどの人が「高いよっ!」って思うはず

実際、僕も高いと思いました

実は、Adobe Premiere Proには、安く使う方法もあるんです

なので、ぜひ紹介しておきたいです

先に結論から!

✓Adobe Premiere Proを安く使う方法

  1. 公式サイトの年に数回あるセールで買う
    • ¥22,176/年(税込)
       年間プラン月々払い / 年間プラン一括払い
  2. 学生は学割Adobe Creative Cloudを買う
    • ¥26,136/年(税込)
       年間プラン一括払い
    • Adobe CC だから他のソフトも使い放題
  3. すぐ使いたいなら、通常価格で買う
    • ¥28,776/年(税込)
       年間プラン一括払い

こうなります

ちなみに②のAdobe Creative Cloudを知らない人もいると思うので、かんたんに解説します

✓Adobe Creative Cloudとは (通称:Adobe CC)

  1. 20以上のソフトが使い放題
  2. 必要なソフトが全部揃う
  3. プロは必ず使用している
  4. 動画編集の世界が広がる

単純に値段だけなら、Adobe Premiere Pro単体で使うほうが安いです

とりあえずAdobe Premiere Proだけで使ってみた人の多くが、他のソフトも使いたくなっているので

Adobe Creative Cloudが最終的にはベスト

一度にたくさんのソフトを勉強するのは大変ですし、最初からじゃなくてもOK

ただ、別のソフトが使いたくなったら、損になります

単純にソフト2つの使用料金よりもAdobe Creative Cloudのほうが安いですしね

月額¥1,000以下の差額で、

業界最強のAdobeソフトが使い放題

になるなら、圧倒的にお得!

Adobe Creative Cloudには通常購入よりも、約50%OFFで使用できる方法があるので、利用してみたい方はこちらからどうぞ

それじゃAdobe Premiere Proの価格を徹底的に解説していくね

Adobe Premiere Proはどこで購入可能?

✓Adobe Premiere Pro単体を購入できるところ

  • Premiere Pro単体は公式サイトのみ
  • Amazon、楽天などでの販売もなし

Adobe Premiere Proの単体を購入できるところは、実は公式サイトしかありません

もっと他に隠れたお買得情報があれば、紹介したかったんですけど、、、

しかし、売ってないものは無い!

公式サイトでも安く買える方法があるので、そちらを見ていきましょう

Adobe Premiere Pro単体は、公式サイトでしか買えないよ

Adobeの公式サイトの価格を徹底解説!

✓Adobe Premiere Pro 単体 通常価格

✓Adobe Premiere Pro 単体 通常価格

Adobe公式サイトより

通常価格
(税込)
月々支払額年間支払額
月々
プラン
¥3,828¥45,936
年間
プラン
月々払
¥2,728¥32,736
年間
プラン
一括払
¥28,776

見てのとおりですが、

1年間使用できるライセンスを一括で購入するのが一番安い

ということがわかります

「7ヶ月以内しか絶対に使わない!」って、心に決めている人がいれば、そういう人は月々プランが一番安くなるので、そちらをおすすめしておきます

たぶん、そういう人は珍しいと思うので、ほとんどの方が年間プランにするでしょう

購入は1年間分一括払いが一番安い!

公式サイトにはセールがあります!

✓Adobe Premiere Pro 単体 セール価格

✓Adobe Premiere Pro 単体 セール価格

Adobe公式サイトより

セール
価格
(税込)
月々支払額年間支払額
年間
プラン
月々払
¥2,728

¥1,848
¥32,736

¥22,176
年間
プラン
一括払
¥28,776

¥22,176

セールのときに買うと、一番安くAdobe Premiere Proを使えるよ!

公式サイトのセールの内容は、こんな感じ

✓公式サイトのセール

  • セール対象は年間プランのみ
  • 年間プランの月々払い / 一括払い の価格が同じ
  • 約30%OFFでAdobe Premiere Proが使用できる
  • 年に数回、数日~2週間程度で開催される

ただ、残念ながら

セールがいつやってくるかわからない!

というデメリットがあります

長いときは、半年以上セールがやってこないことも、、、

かといって、通常で購入してすぐセールが来たら悲しいですよね

過去のセール実績としては

  • 2018年 ⇨ 5回
  • 2019年 ⇨ 3回
  • 2020年 ⇨ 7回
  • 2021年 ⇨ 5回 (6月現在)

セールまで待つかどうかは、よーく考えてみてください

買いたいときに買えないのが最大のデメリット

学生なら迷わず学割で購入しよう

✓Adobe Creative Cloud 学割価格

✓Adobe Creative Cloud 学割価格

Adobe公式サイトより

セール
価格
(税込)
月々支払額年間支払額
年間
プラン
月々払
6,248

¥2,178
¥74,976

¥26,136
年間
プラン
一括払
¥72,336

¥26,136

Adobe Premiere Pro単体は学割の対象となってません

なので、Adobe Premiere Pro単体じゃなくて、Adobeのソフトが使い放題のAdobe Creative Cloudを購入して、使うことになります

  • Premiere Pro単体をセールで買う
     ⇨ ¥22,176
       ※最安の場合
  • 学割でAdobe Creative Cloudを買う
     ⇨ ¥26,136

比べてみればわかりますが、そこまで大きな価格の差はありません

それでいて、Adobe Creative Cloudが使えるので、

学割は使えるなら絶対に使わないと損なレベル

学割が使えるのは、学生と教職員も対象だよ

学割には証明書の提出がいる

✓学割の証明に使えるもの

  • 学校が発行した電子メールアドレス
  • 学生証
  • 成績表
  • 成績証明書
  • 授業料請求書または明細書

証明として使えるのはこの5種類

学割なので、もちろん学生であることを証明しないと、学割は当然使えません

学校が発行しているメールアドレスからAdobeに登録すれば、証明書を送らなくても、すぐに承認されるのでらくらくです

学割に必要なものは事前に用意しておこう

動画編集ならAdobe CCも候補に入れよう

✓Adobe CCで使える動画制作に役立つソフト

  • Adobe Premiere Pro
    ⇨ 動画、画像、音声の素材を組み合わせる
  • After Effects
    ⇨ 動画に様々な演出を追加できる
  • Photoshop
    ⇨ 動画に入れる画像の加工、合成ができる
  • Illustrator
    ⇨ 動画で使うアイコンやロゴが作れる
  • Audition
    ⇨ 動画に使う音声を編集できる

詳細は公式をチェック
 >> 公式ページ

動画編集をやっている人は、これらのソフトを併用している人が、かなり多いです

Adobe Premiere Proは動画を編集するのに最適なソフトです

でも、素材自体を加工するのは難しいし、できないこともたくさんあります

クリエイターを目指すのであれば、これらのソフトを使いこなせるようになりたいですね

学割が使えるのは、学生と教職員も対象だよ

Adobe Creative Cloudの価格っていくら?

✓Adobe Creative Cloudの価格

✓Adobe Creative Cloudの価格

Adobe公式サイトより

価格表
(税込)
年間支払額
通常価格
年間プラン
一括払い
¥72,336
セール価格
年間プラン
一括払い
¥52,536
27%OFF
学割価格
年間プラン
一括払い
¥26,136
64%OFF
Adobe
マスター講座
¥39,980
45%OFF

Adobe Creative Cloudは学割だと、驚くほど安くなってますね

学割対象の方は、使わない手はありません

でも、学割対象じゃない人はセールのときでも27%しか安くなりません

なので、誰でも安く使える方法を紹介しておきます

それがデジハリONLINEのAdobeマスター講座です

✓デジハリONLINEのAdobeマスター講座とは

  • 価格は ¥39,980
     通常価格より 45%OFF
  • Adobe Creative Cloudが 12ヶ月 使える
  • オンラインでの講習が1ヶ月受け放題
  • 課題添削期間 2ヶ月

これだけ全部ついて¥39,980なので、文句なしの破格

デジハリONLINEはAdobeと公認で提携している、プラチナスクールパートナー

信頼と実績のオンラインスクールだからこそできるプランです

  • Adobe CCを使う目的だけでもお得
  • デメリットが無い

なので、僕はここからAdobe CCを契約しています

学割が使えないなら、Adobeマスター講座が最安

Adobe Premiere Proでよくある疑問

✓Adobe Premiere Pro Q&A

  • 公式サイト以外でも買えませんか?
    ⇨ Premiere Pro単体は無い
  • 月額制じゃなくて、買い切りがほしい
    ⇨ 買い切りは現在は無い
  • Adobe Premiere Rushってなに?
    ⇨ Premiere Proよりも機能が少ないソフト
  • Adobe Premiere Elementsじゃダメ?
    ⇨ 同じAdobeだけど、初心者向け簡易ソフト

Adobe Premiere Proを使ってみようとして、調べてみるとこういう疑問がよくあるみたいです

それぞれ、もう深堀りして解説しておこうと思います

少しでも安い方法を探してるからこその疑問ですね

公式サイト以外では買えない?

Adobe Premiere Proの単体販売は公式サイトしかありません

AdobeのPhotoshopIllustratorのソフトは公式サイト以外でもネット通販を通じて、購入することができます

  • Amazon
  • 楽天
  • ヨドバシ.com

この辺が代表的なところですね

Premiere Pro単体って意外と需要ないのかも

買い切りで売ってないの?

今はAdobeのサービスは、すべて月額制になってます

実は、Adobeのソフトも昔は買いきりで販売していました

  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator

この辺のソフトは昔、買い切りで使えたのですが、それも2012年とかなり前の話

今は月額制になっているおかげで、最新バージョンを常に使えるというメリットもあるので、それはそれで悪くないですよ

最新の機能でしかできないことが、どんどん追加されていきます

流行の流れが早い動画編集業界ではすっごく助かるポイントですね

Adobeのサービスが月額制になったから、買い切りはもうないよ

Adobe Premiere Rushって何?

Premiere Rush

Adobe公式サイトより

Adobe Premiere RashはAdobe Premiere Proの劣化版でデメリットが多数

スマホから編集ができるように作られたソフトなので、それが最大のメリット

機能を減らして、かんたん操作できるようにしたのはそういう理由あってこそなんです

  • スマホで撮影
  • Adobe Premiere Rushで編集
  • そのままSNSに投稿

こういう使い方ができるのは、使う人によってはかなり便利でしょう

Adobe Premiere Rushで編集した動画を、Adobe Premiere Proと同期させて、仕上げの編集をすることも可能

パソコンを持たずに屋外で簡易的に編集をするために、サブソフトとして使っていこう

Premiere Rushはスマホ用、全てが簡易的なソフト

Adobe Premiere Elementsじゃダメ?

ADOBE PREMIERE ELEMENTS

Adobe公式サイトより

Adobe Premiere Elementsはパソコンの使い方もあまり慣れていない人向けの超初心者用ソフトです

  • 初心者でもかんたん
  • 買い切りソフト

という感じなので、少し動画編集レベルが上がったら、すぐ卒業です

これからしっかりと動画編集をやろうとしている人には全くおすすめできません

やっぱり、やるからにはAdobe Premiere Proですね

Premiere Elementsは完全に別ソフト

Adobe Premiere Proを安く使おう:まとめ

✓Adobe Premiere Pro 単体の最安価格

  1. 公式サイトのセールで買う
    • ¥22,176/年(税込)
       年間プラン月々払い / 年間プラン一括払い
    • セールは年に数回

✓Adobe Creative Cloudの最安価格

  1. 学生は学割Adobe Creative Cloudを買う
    • ¥26,136/年(税込)
       年間プラン一括払い
  2. 誰でもOK Adobeマスター講座
    • ¥39,980/年(税込)
       年間プラン一括払い
    • 講座 1ヶ月受け放題
    • 課題添削 2ヶ月

価格のまとめは以上です

Adobe Creative Cloudなら動画編集に必要なすべてのAdobeのソフトが使い放題になります

金額だけで見れば、Adobe Premiere Pro単体の方が安くはなりますが、動画編集の幅が広がることを考えると、Adobe Creative Cloudのほうが圧倒的にお得

あなたがどんな動画編集者になりたいかをイメージしてみてください

そのイメージになるために必要なソフトを選んでいきましょう

Adobeマスター講座の登録方法は公式サイトではないので、下のボタンからどうぞ