動画編集

【誤解】動画編集が難しいと感じるのはワケがある【みんながハマる落とし穴】

動画編集って難しいじゃない!

誰よ、簡単なんて言った人は!

動画編集を難しいと感じてる?

それ実は落とし穴にハマっているかも

でも、全然思ったとおりに編集できないし

どうやったらYoutubeで見るような動画ができるの?

じゃあ、難しくて困ってるなら悩みを解決していきましょう

こんにちは、おだにです。動画編集者の応援ブログ運営者をしています

今回の記事はこんな人向け

  • 動画編集が難しいと感じてる
  • Youtubeで見るような動画がうまく作れない
  • 動画編集がうまくなる裏技を知りたい

今回の記事では

動画編集を始めてみたけど、思う通りに動画が作れなくて難しいと感じて心が折れそうなあなた

に向けて、動画編集をどうやって行けばいいかをお伝えします

本記事の内容
  1. 動画編集が難しいと感じる人がハマっている落とし穴
  2. 動画編集が難しくて悩む人がどうすればいいのか
  3. 動画編集が難しいと感じる人が考えがちなこと

「動画編集って簡単で誰でもできるって聞いてたから始めてみたけど、実際やってみたら難しい!!」

こんな叫びがたくさん聞こえてきたので、そんな悩みをすこしでも軽くしていきましょう

動画編集を難しいと感じるのは、実は単なる無茶なレベルの編集をやろうとしてるだけ

これは経験が豊富になったら、難しいと感じなくなるとかではないです

本当なら初心者でも動画編集を難しいと感じることはないはず

本記事を読めば、動画編集を難しいと感じてるあなたが落ちてしまっている、落とし穴の正体に気づき、挫折しなくて済みます

難しいと感じている人は、自分がどういう状態になっているか、ますは知りましょう

僕も以前は動画編集をやっていて、「難しい、全然うまくいかない、他の人はどうやっているんだ」と悩んでいた時期もあったんですが、原因を知ることで、動画編集を続けることができました

同じように感じている人は早めに解決しておかないと待っているのは挫折です

挫折してしまう前に、動画編集を難しいと感じる原因を克服していきましょう

動画編集が難しいと感じてる?

実はそれ思い込みなんです

動画編集が難しいはそもそも間違い

それって思い込みです

✓動画編集が難しいと感じる理由

  • 作ろうとしている動画が自分のレベルにあっていない

動画編集が難しいそう思っている人がハマっている落とし穴の正体は

  • 自分の編集スキル
  • 作ろうとしている動画のレベル

この2つが適正じゃないこと

だから、うまくできないし、動画編集が難しいと感じてしまいます

いきなり10mの高さの壁を超えろと言うのと同じで、できるわけないんです

それをやろうとして、難しいと思って諦めるのはもったいない

動画編集を始めるのも、パソコンも必要ですし、有料のソフトを使います

そこの使ったお金を無駄にしてしまうのは残念です

自分のレベルに合ってないことをやって、無理だと諦めるのはもったいない

動画編集って難しくはない

✓動画編集でやること

  1. データを取り込む
  2. カットする
  3. BGM、効果音を入れる
  4. 字幕をつける
  5. エフェクトを付ける
  6. 音量の調整
  7. 出力して確認する

動画編集を難しいと感じている人はあらためて、この動画編集でやるべきことを思い出してみてください

基本的な動画編集の勉強をしてきた人なら、一通りできる様になっていますよね?

それだけで動画編集をできると自信を持って言っていいレベルです

今の時代、小学生でも動画編集をやってYoutubeやTiktokに動画を投稿している時代です

小学生でもできる動画編集が、難しいわけないんです

この事実を忘れずに、動画編集と向き合ってみましょう

動画編集は小学生でもやれる時代

そう考えると難しいわけない

なぜ動画編集を難しいと感じてしまうのか

✓動画編集が難しいと感じてしまうワケ

  • 身近にある動画は実はレベルが高すぎる
  • そういう動画はプロが作っている
  • もしくは長年編集をやっている人が作っている

いろんなところで動画コンテンツが流行りました

動画を見る機会もここ数年でかなり多くなりましたよね

動画編集始めた人のほぼ100%はこういった動画を見てやってみたいと思ったはず

でも、人気を集めている動画は、かなり高度なスキルで編集されている事がほとんど

人気のある動画投稿者の多くは編集をその道のプロに依頼して、編集してもらっていたりします

だから初心者が簡単に真似できるようなものではありません

普段からクオリティの高い動画を常に見られることが、動画編集を難しいと感じる最大の原因だったりします

身の回りの動画は実はプロレベルの動画が多い

同じものがつくれると思うと難しいと感じてしまう

自分のレベルをちゃんと把握しよう

✓自分のレベルを知っておく理由

  • 自分の編集スキルレベルを知らないと、何を学ぶべきかわからない

動画編集が難しいと感じている方には申し訳ないのですが、はっきりといいます

あなたが作ろうとしている動画は、あなたのスキルでは力不足

自分の力量をきちんと把握できていないことも、難しいと感じる原因

難しいと感じる動画を作るのはやめて、自分でもできそうな動画を探して作るようにしていきましょう

自分のレベルとかけ離れたことをやるから難しいと感じる

できるかどうかはソフトによることも

✓ソフトの落とし穴

  • 使用する編集ソフトによって、表現できないこともある

あなたが今使っている動画編集ソフトは何でしょうか?

もし無料のソフトを使っていたりすると、それだけでも表現できないことがたくさんあります

ソフトによって表現できないこと、自分のスキル不足でできないと勘違いする

これも動画編集を難しいと感じている人の中でよくあることだったりします

なので、自分が作りたい動画が一体どんな編集ソフトで作られたのか、調べることができるなら知っておくといいでしょう

当サイトでは動画編集ソフトはAdobe Premiere Proを推奨しています

推奨している理由は次の通り

  • Premiere Proなら表現できないことはないほど高性能
  • 副業などで仕事を引き受ける上でも有利
  • ネット上に情報が多く、学びやすい

詳しくはこちらの記事にも書いてますので、読んでみてください

【知らなきゃ損】動画編集で稼ぐなら、なぜPremiere Proにすべきなのか?

動画編集ソフトでできないことを自分のスキル不足と勘違いしないように

動画編集が難しいと感じる人はどうすればいいのか

どうすればいいのか

✓動画編集が難しいと感じる人がすべきこと

  • メンタルブロックを取り払う
  • 自分のスキルを把握する
  • 簡単な編集からレベルアップ
  • 数をこなして成功体験を重ねる

動画編集が難しいと感じるのは、自分のスキルが低くて、やろうとしていることのレベルが高いからです

こんなことを言うと

「それはわかったから、だったらどうしたら自分のやりたいことができるようになるんだよ!」

と言われてしまいそうですね

難しいと思っている人が本当に知りたいのは、いい感じの動画が誰でも簡単に作れるようになる方法ではないでしょうか?

楽して簡単に動画編集のレベルが上がるような方法は、残念ながらありません

ここで紹介する方法も、楽して誰でも簡単にできるのものではないです

思っていたのと違うという人は、あえて読まなくてもいいと思います

それでは一つずつ紹介していきましょう

楽してすぐに動画編集がうまくなることはない

そんな方法を探しても、ないものはない

メンタルブロックを取り払う

✓メンタルブロックとは

  • 何か行動を起こそうとした時に「自分にはきっとできないだろう」と自分自身を抑止したり、制止したりする思い込み

まず最初にこれだけはやってほしいこと、それが「メンタルブロックの解除」です

「どうせ自分には動画編集はできないんだ」というネガティブな思い込みはやめることですね

「いきなりから精神論ですか?」

と思う人もいるかもしれませんが、本当に大事なことなので何度でもいいますよ

すこしでもそんなネガティブな感情が溢れてきたら、次のように繰り返し思い出してください

  • 動画編集は小学生でもできる
  • 自分にできないわけがない

自分を肯定的に捉えることで、メンタルブロックは徐々に解除されていきます

ネガティブに考える思考を無くせるかがとても重要

自分のスキルを把握する

✓スキルを把握するには

  • 自分のできることを一つずつ数えよう

あなたは何ができますか?と言われてすぐに答えられますか?

これをすぐに答えられる人は意外と少ない

もちろんそれはあなたのできることが少ないという意味ではないです

あなたのできることはきちんと整理しておかないと、意外とすぐに言えないもの

まずは、あなたにできることを細かく丁寧にリストアップしていってきちんと把握しておきましょう

✓リストアップの例

  • カット
    • スタンダードカット
    • ジャンプカット
    • Jカット&Lカット
    • ・・・etc
  • テロップ
    • 扱えるフォント
    • 配置による見え方の工夫
    • 文字の大きさでの表現
    • ・・・etc

あなたのリストアップしたら、できないことを探すのも簡単にできますよね

できることをまとめてみると、できることの多さにも気づけます

簡単な編集からレベルアップ

✓簡単な編集の例

  • カット
  • BGM追加
  • 音声のバランス調整

動画編集ってこだわり続ければどこまでも細かいことができてしまいますよね

あまりこだわりすぎると、1つの動画を作るのにかかる時間がエンドレス

編集時間が長くなり続けるので、やることを限定しましょう

  • カットはスタンダードカットのみ
  • BGMは1曲
  • 効果音は3種類まで
  • エフェクトは使わない

こんな感じで、最小限で済ませるようにして、完ぺきにこなせるようになりましょう

限定したことだけをまずは練習すれば、より成長しやすくスキルアップを実感しやすくなります

全部を一気に学ぼうとするとなかなか大変

やることが多くて忘れていくことも多いしね

数をこなして成功体験を重ねる

✓数をこなす理由

  • 数をこなさないと気づけないことがある

やっぱり動画編集を学んでいる人からしたら、学習したらすぐに身につくことが理想

とはいうものの、たくさん数をこなさないと身につかないことってやっぱりあるんです

こればっかりは本当にいい方法があれば、僕も教えてもらいたい、、、

✓数をこなさないとわからないことの例

  • カットの間のとり方
  • 音声のバランスの調整
  • 動画の明るさ
  • テロップの表示の仕方

ここに書いたことは動画や本などで、学んでもなかなかいい感じにならなくて困るはずです

こういうのは正解と言えるものはなく、状況に応じて、ちょうどいい編集をしないといけないからですね

動画編集の感性を磨いていくことは、繰り返し手を動かすことが必須

近道を探している暇があったらどんどん手を動かして、経験値を稼ぎましょう

学べばわかることもあるけど、数をたくさんやらないとわからないこともある

そういうものはただ練習あるのみ

基本的なことを早くできるようになりたいなら

✓早くひとり立ちしたいなら

  • 動画編集スクールを使うと独学よりも早く上達する

当然ながら動画編集スクールはお金がかかります

とはいえその分早くスキルアップできるので、いわば高速料金みたいなものです

早く進みたい人は自己投資にお金を使うことも、価値のあることだと言えるでしょう

スクールに興味がある人はこちらの記事にまとめてありますよ

【スキル上達】動画編集スクール&オンライン講座4選【目標を達成できる】

早く成長したいなら、スクールで学ぶべき

動画編集ソフトPremiere Proがお得に使えるスクールもある

✓お得なスクール

  • デジハリのAdobeマスター講座を使おう

もしPremiere Proを使おうとした場合、通常の料金プランでは次のようになっています

プラン年間プラン(一括払い)
Premiere Pro単体プラン¥28,776/年
Creative Cloudコンプリートプラン¥72,366/年

✓Creative Cloudコンプリートプランとは

  • Premiere Proをはじめ、Photoshop、 Illustratorなど20以上のアプリ
  • 20,000以上のフォント
  • 100GBのストレージ

これらが使えるプラン

デジハリのAdobeマスター講座の値段は、39,980円で受けられます

この39,980円でCreative Cloudコンプリートプランが1年間使えるから驚き

その他にも動画教材や課題の添削もしてくれるので、Premiere Proで動画編集をやるなら絶対に使わないと損なレベル

>>デジハリのAdobeマスター講座はこちら

デジハリのAdobeマスター講座からの登録で

Premiere Proが通常より安く使える

もっとスキルを磨くには

✓より高い技術がほしいなら

  • 動画編集の専門書で学ぶ
  • 動画制作の仕事に就く

基本的な動画編集さえできれば、あとは表現力を磨くだけでも、差別化した編集ができるようになるでしょう

しかし、それ以上にスキルでも差別化をしていきたいという人には

  • 本で学ぶ
  • 動画制作会社に就職する

このどちらかをすると、より高い技術が身につきます

本については、たくさんあってどれを選んでいいかわからないという声をよく聞くので、別の記事におすすめな本をまとめてあります

【厳選12冊】動画編集におすすめな本【目的別にピックアップ!】

この記事の中から、気になる本を選ぶといいでしょう

本格的に仕事にして、スキルを身につけたい人は就職エージェントなどで探すと自分にあった就職先を見つけられますよ

より高いスキルがほしいなら、もっと踏み込んで学ぼう

動画編集が難しい感じる人が考えがちなこと

考えがちなこと

✓難しいと感じる人が考えがちなこと

  • 一気にスキルアップできる方法はないか?
  • あまり手を加えない編集のやり方は?
  • 難しいことはを外注できないか?

動画編集が難しいと感じている人が探しているのは、その悩みを解決方法ですよね

その解決方法として考えがちな3つの方法を挙げてみました

それぞれの方法は効果があるのか、解説していきましょう

難しいと悩む人はその解決方法が知りたい

一気にスキルアップできる方法はないか?

✓一気にスキルアップする方法

  • 早くスキルアップする方法はない!

残念な回答となってしまいますが、やっぱり早く楽に成長するという方法はないのが現実

「簡単に、楽に、早くスキルアップできる」

こんなふうに勧誘してくる人は、99%ボッタクリ商材屋さんなので、全力で回避しましょう

どれが一番効率よくスキルアップできるか?という疑問の答えならば、王道ですけど動画編集スクールが一番早く成長できるでしょう

実際に爆発的に伸びる人はいるにはいます

ただそういう人は、今までコツコツと努力を積み重ね続けている人が、ようやく花開いただけのこと

少ない勉強時間で効率よく学べるのであれば、既に世の中で広まっていないワケがありません

簡単に成長する方法はない

地道な努力を積み重ねよう

あまり手を加えない編集のやり方は?

✓少ない編集でいい動画を作ろう

  • 編集を少なくていい動画を作るほうが難しい

動画編集が難しいのなら、

  • 編集がいらない
  • 簡単な編集だけでいい

こういう動画を作ればいいじゃないか!

こう考える人の発想力は素晴らしいと思います

しかし、編集が少なくてもクオリティの高い動画を作るほうがかなり難しい

あまり手を加えずに良い動画を作りたいなら、映像の撮影までに相当作り込無必要があります

そこまで作り込むくらいなら、編集の技術を磨くほうが簡単

だから、世の中の人はみんな動画編集できれいに整えるんです

すっぴんできれいな人を探すほうが、化粧をしているきれいな人を探すよりも難しいっていうとわかりやすいですね

編集を少なくして良い動画を作るには普通に作るより何倍も難しい

難しいことはを外注できないか?

✓外注の問題点

  • 依頼者にスキルが無いと、指示が難しい

自分で動画編集をするのが難しいなら、誰かに頼るのは良い選択肢です

外注できる予算があるのなら、自分で編集しないというのもあり

ただ、自分のスキルが足りない状態で、外注するのはリスクもあります

✓スキル不足で外注するリスク

  • 曖昧な指示をしてしまう
  • 手間が増えて費用の増加
  • 知識不足で多めに請求をされる

動画編集は一連の流れで編集を進めていきます

適切なところで指示ができていれば簡単な修正で済んだことも、時期が悪ければやり直しなんてことにもなりかねません

通常よりも費用がかかってしまうことは、理解した上で外注するようにしましょう

  • 時間短縮
  • プロのセンスがほしい

本当は、自分でもできるんだけど、こういう理由で外注するというほうがいいのは言うまでもありません

外注するのは良いけれど、できるなら自分ができるようになってからのほうがいい

動画編集が難しいなら、できることからやろう

できることからやろう

動画編集が難しいと感じるのは、作ろうとしているものの理想が高すぎるんだね

自分のスキルでできることだけなら、難しいと感じることはないはずだよ

もっと理想の動画に近づけたければ努力しかないってことね

どんなスキルでもそうだけど、簡単にすぐ身につかないものなんだよ

✓動画編集を難しいと感じる人がやるべきこと

  • メンタルブロックを取り払う
  • 自分のスキルを書き出す
  • すこしずつできることを増やす
  • 数をたくさんこなす

動画編集は今の時代、小学生でもできる人がいるものなので、決して難しいものはありません

でも、動画コンテンツが身近になったおかげで、身の回りにはクオリティの高い動画がたくさん

だから、自分の編集した動画のクオリティが低くく見えてしまいます

でも、昔のテレビとか、めっちゃクオリティ低いですよね?

みんなそういうところから、すこしずつレベルアップしてきてます

諦めずに継続するようにしましょう

勉強方法に困ったらこちらの記事を参考にしてみてください

【独学OK】動画編集の勉強方法【無料でもスキルは身につく】

それでは今回はここまで