パソコン

MacBook Airで動画編集はできる【M1チップが超優秀】

動画編集にMacBook Proが良いらしいけど、値段が高すぎだよ、、、

ほんとそうですよね、買うにはかなり勇気がいりますね

MacBook Airのほうが安いしそっちではできないのかな?

MacBook Airでも動画編集できるよ

だいたいの人はProから始めなくてもAirでいいと思う

こんにちは、おだにです。動画編集者の応援ブログ運営をしています

今回の記事はこんな人向け

  • MacBook Airで動画編集ができるか知りたい
  • MacBook Proを買うのは、高くて厳しい
  • MacBook AirとProではどれくらい違うかわからない
  • MacBook Airを安く買いたい

今回の記事では

動画編集を始めるのにMacBook Proが高いから、MacBook Airでできないかと考えている人

に向けて、MacBook Airで動画編集ができるということを解説していきます

本記事の内容
  1. MacBook Airで動画編集がちゃんとできるのか
  2. どういう人にMacBook Airがおすすめか
  3. MacBook AirとProの使用感の比較
  4. MacBookの性能による使用感の違い
  5. MacBook Airを安く買う方法

MacBookってやっぱりかっこいい!

動画編集を始めるならMacBookを使いたいという声はたくさん聞きます

僕もその点には同意です

「動画編集にはMacBook Proがおすすめ」なんて話をよく聞くけど、MacBook Proって高くないですか?

それだけ良いものなのはわかってます

でも、高いものは高いですよね?

そこで、「MacBook Airで動画編集をできないか?」と考えるケースは非常に多いです

本記事では、MacBook Airで動画編集ができるかどうかから、MacBook Proとの比較、選び方のポイントまでを詳しく解説していきます

この記事を読めばMacBook Airで動画編集をやると、どんな感じなのかわかるようになりますよ!

結論を言ってしまうと

  • MacBook Airで動画編集は問題なくできる
  • 収益が目的なら、効率がいいMacBook Proにすべき

こうなります

動画編集を始めるなら、まずはMacBook Airで試してみるのがベスト

収益を得るのにとにかく全力で挑むから、MacBook Proで行く!と燃えているのであれば、こちらの記事がおすすめです

動画編集に使うMacBook Proのスペックは?【16インチが最強】動画編集用のMacBook選びで困っていませんか? スペックの見方がわからないとどれを選べばいいかわかりませんよね 本記事では動画編集に使えるスペックのMacBookがどれか紹介しています。 自分にあったMacBookが欲しい人は必見...

いま、販売している最新のMacBook Air

最新のMacBook Air

Apple公式サイトより

✓最新のMacBook Airは2種類

  • 8コアCPUと7コアGPUを搭載
  • 8コアCPUと8コアGPUを搭載

MacBook Airは2種類とはいいましたが、どっちも大して変わりません

どっちかを買うなら、安い方でいきましょう!

細かく言うとM1チップに搭載されているGPUのコア数が違うけど、使ってみても差は感じないので、あえて高い方を買う必要もないです

MacBook Airだと迷わず選べて楽ですね

カスタマイズも可能

✓MacBook Airでカスタマイズできるところ

  • メモリの拡張
  • ストレージの拡張

MacBook Airでカスタマイズできるのはこの2つ

どちらも動画編集をやるのに、あったら嬉しいですが、なくても大丈夫

予算に余裕があればまずはメモリから拡張するといいですね

それぞれにかかる費用はこんな感じ

✓メモリ拡張の値段

メモリ値段
8GB標準仕様
16GB+22,000円

✓ストレージ拡張の値段

ストレージ値段
256GB標準仕様
512GB+22,000円
1TB+44,000円
2TB+88,000円

ストレージは外付けで対応できるから、最優先はメモリの拡張ですよ

カスタマイズしなくても動画編集は余裕でできる!

すれば使いやすくなる感じ

MacBook Proのラインナップも知っておこう

✓MacBook Proにはどんなのがある?

  1. 画面:13インチ
    CPU:M1チップ
  2. 画面:13インチ
    CPU:Intel
  3. 画面:16インチ
    CPU:Intel

この3つのMacBook Proがあります

下に行くほど性能が高く、値段ももちろん高くなっていきます

MacBook Airの購入を検討するなら必ず比べることになるので、とりあえずこの3つがあることだけ覚えておいてください

もし、あなたが動画編集をやる目的が収益なら、MacBook Proがおすすめ

「自分のことだ!」と思う人は、こちらの記事をどうぞ

動画編集に使うMacBook Proのスペックは?【16インチが最強】動画編集用のMacBook選びで困っていませんか? スペックの見方がわからないとどれを選べばいいかわかりませんよね 本記事では動画編集に使えるスペックのMacBookがどれか紹介しています。 自分にあったMacBookが欲しい人は必見...

MacBook Airのことを知るにはProのことも知っておこう

MacBook Airでも動画編集はできる?

MacBook Airでも動画編集はできる?

✓結論

MacBook Airで動画編集は普通にできます!!

※ただし、M1チップ搭載の2020年秋モデル以降です

MacBook Airで動画編集は、問題なくできます

むしろ快適と言ってもいいくらい

もっと高度な動画編集は、MacBook Airでは厳しいこともあります

けど、そんな編集は動画制作会社の人がハイスペックのMacBook Proを使ってやるイメージなので、MacBook Airでわざわざやることはないです

次のような条件ならMacBook Airで快適に編集ができます

  • フルHD画質
  • 再生時間30分以内
  • エフェクトが多くない
  • 複数の画面を使わない

こんな感じなので、YouTubeなどの動画を編集するなんて全然問題なし!

この条件に当てはまらないと動作が重くなったりもしますけど、それでも普通にできます

使用する動画編集ソフトによって、相性が良くないこともあるので、そこについて解説しておきましょう

カスタマイズはしなくても動画編集はできるよ!

すれば使いやすくなる感じ

どの動画編集ソフトだと相性が良くないの?

✓MacBook AirのM1チップと動画編集ソフトの相性

  • Final Cut ProはMacBookと抜群に相性がいい
  • Adobe Premiere Proはあまり相性が良くない

業界で一番使用されている動画編集ソフトの「Adobe Premiere Pro」というのがあります

実は、このAdobe Premiere Proというソフトは、MacBook AirのM1チップとの相性が残念ながら良くはないんですよね

M1チップはMacBook専用CPUとして開発されているので、一般的なソフトと互換性、拡張性がなく、うまくソフトが動かせない感じになります

野球選手にサッカーやってもらうみたいなイメージですね

M1チップと相性のいい動画編集ソフトは「Final Cut Pro」です

Mac専用のソフトなので相性はめちゃくちゃいい

そのおかげで、MacBook Airでも快適に動画編集ができます

エフェクトの凝った動画は重さを感じることもあるけど、それほど気にはならないでしょう

相性の良くないソフトだと、編集の快適さに差が出るね

目的によるソフトの選び方

✓使う動画編集ソフトはFinal Cut Proがいい?

  • 目的によっては、そういうわけでもない


Final Cut ProとM1チップが相性がいいので、

「動画編集ソフトはFinal Cut Proを選べばいいんだね!」

と思うかもしれませんが、実はそういうわけでもないんです

仕事、副業として編集作業をやるなら、使う動画編集ソフトは「Premiere Pro」じゃないと後悔します

✓Premiere Proを使う理由

  • 業界のスタンダードになっている
  • 使用している人が多い
  • 仕事の案件が多い
  • Premiere Pro指定の案件もある

こんな感じなので、Adobe Premiere Proを使っていないと仕事では不利になることが多くなりますね

ソフトの選び方はこちらの記事で解説してますので、迷っている人は参考にしてみてください

【有料?無料?】おすすめの動画編集ソフトは?メリット・デメリットを比較!動画編集を始めたいけど、お金をかけてまで有料ソフトを使うべきか迷っていませんか? 無料でも十分なら、あえて有料ソフトは使いたくない そんなあなた向けて、有料ソフトと無料ソフトのメリット・デメリットをまとめました どっちのソフトが向いているか、知りたい方は必見です...

YouTubeなどに投稿する用の動画を自分用につくるなら、使う動画編集ソフトは何でもOK

MacBook Airと相性のいいFinal Cut Proか他の有料ソフトを使ってもいいでしょう

おすすめの有料ソフトはこちらの記事にまとめてあります

>>【厳選】有料のおすすめ動画編集ソフト5選【表現の幅が広がるソフト】

自分用なら無料編集ソフトでもアリだとは思います

「動画編集はそこまでこだわらないから、無料のソフトでもいいや」って人は、そっちを使いましょう

>>【無料】おすすめ動画編集ソフト5選【趣味でやるなら無料で十分】

M1チップと相性が良いFinal Cut Proがいいけど、目的によってはAdobe Premiere Proを使う方が良いこともある

MacBook Airがおすすめな人

MacBook Airがおすすめな人

✓MacBook Airがおすすめの人

  • 動画編集を始めたい初心者
  • 収益を目的としていない
  • 持ち歩き安いほうがいい

MacBook Airは文句なしにいいパソコンです

特にこれから動画編集をやってみようとする人にはおすすめです!

でも、次のようなMacBookが欲しい人にはおすすめできません

✓MacBook Airをおすすめできない人

  • 収益が目的
  • 性能と持ち運び安さが欲しい
  • 性能に特化したい

これらの人は13インチ、16インチMacBook Pro(CPU:Intel)がおすすめ

こんな感じで、MacBook Airでは物足りない人もいるので、買う前に確認しておこう

MacBook Airが合う人と合わない人がいるよ

MacBook AirとProの性能を比較しよう

MacBook AirとProの性能を比較しよう

✓比較する4つのMacBook

  • MacBook Air
  • 13インチMacBook Pro(CPU:M1チップ)
  • 13インチMacBook Pro(CPU:Intel)
  • 16インチMacBook Pro


今回、比較していくのはこの4種類のMacBookです

細かい性能はカスタマイズなどによっても変わってきますが、下に行くほど性能が高いですよ

MacBook AirとProを比較するとわかりやすいですね

画面サイズ

画面サイズ

MacBook Airの画面サイズは13インチだけ

当然ながら、13インチのMacBook Proと画面のサイズは同じ

13インチだと、一つのことをするには不便さを感じない大きさにはなります

ただ、同時に複数のウインドウを開くと画面が狭いですね

作業性を重視して、大きい画面にしたいなら16インチのMacBook Proしかありません

別ディスプレイをつなぐからそれでいいやって人は、13インチの方が持ち運びやすくてGOOD

13インチあれば1つのことをするなら、十分な画面サイズ

電池の持ち具合

電池の持ち具合

✓電池が長持ちするMacBook

  • 13インチMacBook Pro (M1チップ)
  • MacBook Air

M1チップは省電力にできていて電池が長持ち

電池の容量はMacBook AirよりもMacBook Proの方が多いです

なので、一番電池が長持ちするのは

13インチでM1チップ搭載のMacBook Proということになります

M1チップは高性能で省電力なので、驚きの性能

逆に電池が一番減りやすいのは16インチのMacBook Proです

性能が高いほど、電池はモリモリ使ってしまうので、他と比べると減るスピードが早い

M1チップのMacBookは電池が長持ち

排熱効率

排熱効率

MacBook Airは、排熱効率が悪く熱がこもりやすい

MacBook Proには排熱ファンが付いているので、排熱してくれます

排熱がされにくいMacBook Airでは、長時間の作業をすると熱がこもってパフォーマンスが下がりがち

MacBook Airの性能は高いけど、持久力の面で不安があります

長時間の作業にはMacBook Proの方がいいのでしょう

  • ガッツリ動画編集をやる
    ⇨MacBook Pro
  • たまにやる人、これから始める人
    ⇨MacBook Air

こんなふうなイメージでOK

熱がこもると性能が下がるよ

M1チップ搭載のMacBook Pro13インチってどう?

MacBook AirとM1チップ搭載のMacBook Proの性能はほとんど変わりません

詳しく比較すると、やっぱりMacBook Proの方が性能が良いですが、値段の差を埋めるほど違わない感じ

せっかくProを選ぶなら、性能の良さを追求するほうが良いでしょう

性能と価格のバランスを気にしすぎて、中途半端にならないように!

MacBook Airで性能がもの足りない?

CPUがIntelのMacBook Proにしよう!

IntelのCPUはMacBook Proしか使えない

Mac専用ではないソフトの場合、パフォーマンスが悪くなることもあります

なので、IntelのCPUを使う人も多いですね

動画編集ソフトはPremiere Proを使おうと考えているなら、IntelのCPUにすべき

Premiere ProはIntelのCPUと相性が良くできているので、M1チップだと動作に差が出ますよ

M1チップと相性が良くないソフトを使うなら、CPUはIntelにしよう

MacBookのスペックに使用感よる違い

MacBookのスペックに使用感よる違い

MacBookのスペックによって、比較するとどれくらい違うのか気になる方も多いです

各スペックでの使用感についても解説していきましょう

どのスペックがあなたにあっているか見ましょう!

CPUによる違い

CPUによる違い

✓MacBookで選べるCPU

機種使用できる
CPU
MacBook AirM1チップ
13インチ
MacBook Pro
M1チップ
Intel i5
Intel i7
16インチ
MacBook Pro
Intel i7
Intel i9

M1チップはAppleが開発した安くて高性能で非常にいいCPU

Intel i5と比較すると、体感だとあまり違いは感じないレベル

なのにと価格はM1チップの方が安くておすすめ

しかし、Intel i7と比較すると、M1の方が低いのがわかるようになってきます

Adobe Premiere Proを使いたいならIntel Core i7以上にするといいでしょう

M1チップでほとんどのことはできる

Intelにしたい理由があれば、そっちを使おう

メモリによる違い

メモリによる違い

✓MacBookで搭載できるメモリ

機種使用できる
メモリ
MacBook Air8GB
16GB
13インチ
MacBook Pro
M1チップ版
8GB
16GB
13インチ
MacBook Pro
Intel版
16GB
32GB
16インチ
MacBook Pro
16GB
32GB
64GB

CPUの次に重要となのがメモリ

動画編集をする上で最低限8GBと言われてるけど、MacBookならどれを選んでも8GB以上です

おすすめは16GBとよく言われていますが、HD画質の動画編集だけなら、8GBと16GBでもほぼ差は出ません

メモリが多いほど早くなるというわけではないのは知っておいてほしいポイントです

ただし、メモリ8GBは動画編集ソフトと一緒に他のことをしていると遅くなりやすいです

以下の場合は編集の速さがメモリによって、変わってきます

  • 4K画質の動画編集
  • 動画編集をしながら別のアプリも開く
  • 編集時の再生速度を上げる
  • 複数のモニターを使う

これらに当てはまるのであれば、メモリは16GBあると安心です

使い方次第でメモリは8GBでも早く編集できる

他のこともしたいなら16GBって感じ

ストレージによる違い

ストレージによる違い

✓MacBookで搭載できるストレージ

機種使用できる
ストレージ
MacBook Air256GB
512GB
1TB
2TB
13インチ
MacBook Pro
M1チップ版
256GB
512GB
1TB
2TB
13インチ
MacBook Pro
Intel版
512GB
1TB
2TB
16インチ
MacBook Pro
512GB
1TB
2TB
4TB
8TB

MacBook Airだとストレージは256GBからとなっています

256GBだと、編集を終えたデータなどは、外部ストレージにデータの頻繁に移行しておかないとすぐいっぱいになります

少し手間はかかるけど、慣れたら気にならないレベルでしょう


512GBだと、たまに移行すればいいくらいになってくるのでより楽になりますし、1TBだとかなりほったらかしにできます

動画編集をしているといずれ必ずストレージは一杯になります

データの整理をきちんとする癖が付くので256GBでもいいかもしれません

動画編集をするときに、外付けをつけてデータのやり取りをしないでおきましょう

動画編集ソフトのパフォーマンスが下がってしまうので、編集にかかる時間が大幅に増えます

ストレージがあると、頻繁にデータを移さなくていいから楽

でも、なくてもなんとかなる

MacBook Airの価格

MacBook Airの価格

Apple公式サイトより

MacBook Airの値段はこの通り

動画編集が快適にできるレベルのパソコンで、この値段なので高すぎるわけではないですね

とはいえ、少しでも安く買いたいという人のために、公式よりも安く買える方法も紹介しておきます

MacBook Airの購入方法はたくさんあります

新品のMacBook Airが欲しい場合

✓新品を安く買う方法

  • ネットショッピング
  • 価格.com
  • 家電量販店
  • 学割の利用

この4つの方法なら公式サイトよりも安い価格でMacBook Airを買うことができます

それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しく解説していきましょう

新品でも安く買えるのは嬉しいですね

ネットショッピング

✓メリット

  • 公式と同じレベルの信頼性
  • Amazonはカスタマイズも可能
  • 値段も安いし、ポイントも付く

✓デメリット

  • 探すのが面倒
  • カスタマイズできない部分が多い

新品のMacBook Airを買うのにおすすめなのは、Amazonで買う方法です

価格としてはだいたい公式ショップよりも1万円くらい安く買えてお得

基本的に公式ショップ以外ではカスタマイズはできません

でも、Amazonならストレージは変更が可能です

とはいえ、最優先でカスタマイズしたいメモリができないので、公式よりはいまいちです

ネットショッピングで一番オススメはカスタマイズもできるAmazonですね

家電量販店

✓メリット

  • ポイント還元率が高い
  • サポートもついてる
  • 信頼できる販売元

✓デメリット

  • カスタマイズはできない
  • 価格はあまり安くならない
  • ポイントはその量販店でしか使えない

ネットショッピングだけではなく、家電量販店で買うのも有効な方法です

家電量販店の中でもポイントの高いところがおすすめ

✓ポイント還元率が10%もある家電量販店

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ヤマダ電機

この4つお店ならポイントがたくさんつくので、その分お得に買えます

ポイントがたくさんつくけど、値段はあまり変わらないよ

価格.com

✓メリット

  • 最安値で購入ができる

✓デメリット

  • 信頼できる販売元かわからない
  • サポートの内容に差がある
  • カスタマイズができない
  • ポイントも含めると最安ではない

安さだけを求めるのであれば、価格.com

一番安い金額で買えるところが見つかります

ただし、ネットショッピングなど、ポイントがもらえるところで買う方がお得なこともあるので、比較は必要ですね

値段以外のデメリットが多いのもちょっと気になるところです

値段は安いけど、ポイントやサポート、信頼できる販売元か調べるのは面倒

学割を使う

✓メリット

  • 公式ショップで安く買える唯一の方法

✓デメリット

  • 限られた人しか使えない
  • そんなに安くはならない

学割が使える人は、公式ショップで割引を使うのも良いと思います

学割には、価格が安くなるメリットの他に

  • ¥18,000分のApple Storeギフトカード
  • AppleCare+が20%オフ

この2つも付いてくるので、悪い選択ではないですね

✓学割が適用される人

  • 学生
  • 学校の教職員
  • 学生の両親

学割は学生だけじゃなくて、先生や両親も使えるのも覚えておきましょう

公式から買いたい人なら嬉しい

中古品のMacBook Airでもいい場合

✓中古品を安く買う方法

  • Apple認定整備済製品
  • 大手中古ショップ
  • フリマアプリ

コスパで選ぶなら中古品はものすごくお得

ただ、新品と違って中古品は良いものを見つけるのが大変

でも、自分が欲しい物を見つけることができれば、新品よりもお得にMacBook Airが手に入ります

探すのが好きな人はぜひチャレンジしてみてください

中古で欲しい物が買えたら、安くて嬉しいですよね

Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品

✓メリット

  • 認定整備済製品はApple公式の安心
  • 新品同様の製品が買える
  • 価格は定価の最大15%引き

✓デメリット

  • 欲しい製品がないこともある

MacBookは下取りの制度もしっかりしていて、Apple自体が中古品を買取、整備、販売をやっています

それが認定整備済製品ですね

中古なのに新品のようになっている製品で、公式が販売しているので、安心感が違います

ただ、残念ながらそれほど安くならないのと、欲しい物がないことが多いので、とりあえず見てみる感じで良いでしょう

公式の中古品は信頼性があるね

大手中古ショップ

✓メリット

  • 認定整備済製品よりも安い
  • 購入したお店が保証をつけてくれる

✓デメリット

  • 探すのが大変

中古のパソコンショップで自分が欲しいMacBook Airがあったら、かなり運がいいでしょう

認定整備済製品よりも安く買えて、保証もつくことが多いので、かなりお得

ただ、欲しい物を探すのに苦労すると思うので、とりあえず近場にパソコンショップがあれば見に行く程度でも良いでしょう

欲しいものはめったに見つからないので、探すのが大変

フリマアプリ

✓メリット

  • どこよりも安く買える可能性アリ

✓デメリット

  • 個人間での売買なのでリスクが大きい

フリマアプリでは早く売りたい人もいて、明らかに安い値段で買うこともできます

スマホで探せるので楽ですが、不良品を買ってしまうリスクも、、、

そういったリスクを考えると、安いとはいえおすすめはできないですね

どこよりも安く買えますが、不良品であるリスクと隣り合わせ

MacBook Airで動画編集をやろう!

MacBook Airで動画編集をやろう!

MacBook Airでも動画編集できるんだね

M1チップが優秀すぎて驚きだよね

でも、MacBook Airだと使い方やソフトによっては、動作が重くなるのね、、、

何でもできるってほど、高性能ではないですしね

どんなふうに動画編集をしたいか考えて選ぶと良いよ

✓MacBook Airで動画編集ができるかのまとめ

  • MacBook Airで動画編集はできる!
  • 使うソフトはFinal Cut Proが相性がいい
  • 収益が目的なら、性能を重視してMacBook Proがいい
  • M1チップは超高性能で値段も安い
  • M1チップには相性が良くないソフトもある
  • カスタマイズするならメモリを16GBが最優先
  • MacBook Airを買うならAmazonがお得

以前はMacBook Airで動画編集はちょっと厳しいと言われていました

でも、M1チップが登場したことによって、今やMacBook Airでも動画編集は快適にできるようになってます

これから始める人や、動画編集を楽しみたい人にはMacBook Airが最適ですよ

早速、MacBook Airを手に入れて動画編集をやっていきましょう!

もちろん、もっと性能が良いものを使えば、より早く動画編集はできます

収益が目的だったり、仕事で使う人はMacBook Proを選びましょう

動画編集に使うMacBook Proのスペックは?【16インチが最強】動画編集用のMacBook選びで困っていませんか? スペックの見方がわからないとどれを選べばいいかわかりませんよね 本記事では動画編集に使えるスペックのMacBookがどれか紹介しています。 自分にあったMacBookが欲しい人は必見...

一緒にあると便利な周辺機器も揃えよう

>>【買ってよかった】動画編集に役立つおすすめ周辺機器5選【効率UP】