動画編集

【損しない】Youtubeの動画編集、相場を知ろう【料金設定まとめ】

Youtubeの動画編集の仕事ってどれくらいの相場なのかしら?

仕事を引き受けるときは相場を知っておかないと提案もしにくいよね

やることによっても変わるし、わかりやすい料金プランがあるとうれしいのにな

それじゃあ目安となる料金プランを相場から作ろうか

こんにちは、おだにです。動画編集者の応援ブログ運営をしています

今回の記事はこんな人向け

  • Youtubeの動画編集の相場が知りたい
  • Youtubeの動画編集の仕事は探し方を知りたい
  • Youtubeの動画編集は何をすれば良いのかわからない

今回の記事では

動画編集で相場にあった提案をして稼ぎたいと思っている方

に向けて、価格の決め方をわかりやすく解説していきます

本記事の内容
  1. Youtubeの動画編集の相場
  2. 動画編集の外部委託する場所とその相場
  3. 相場から作る動画編集の料金プラン

このところ個人から一気に人気を集め大成功をしているYoutuberに続いて、企業などでもYoutubeへの参入をするところが増えてきています

動画編集で稼ごうとする人も増えてますが、どんな金額設定で提案すればいいか迷いますよね

僕も日々正解を探して迷いながらやっています

本記事を読めば「Youtubeの動画編集の費用の相場観」は身につきますよ

動画編集の副業、フリーランスでたくさん仕事を取って稼げるようになりたい方は、知っておくとプラスになるはず

それでは、見ていきましょう

費用の相場は状況によって日々変わるもの

これから紹介するのは目安だと思っておくといいでしょう

Youtubeの動画編集の相場を知ろう

Youtubeの動画編集の相場を知ろう

✓Youtubeの動画編集の相場

  1. 基本的な編集内容
    • カット:¥1,000~¥3,000
    • テロップ:¥1,000~¥3,000
    • エフェクト:¥1,000~¥3,000
    • SE、BGM:¥1,000~¥3,000
    • 画像挿入:¥1,000~¥3,000
  2. サムネイルの作成:¥2,000~¥5,000
  3. OP、EDの制作:各¥10,000~¥20,000

Youtubeの動画編集の相場はこんな感じで思っておけばOK

副業でクラウドソーシングから動画編集を引き受けている人はこれくらいでやってます

これくらいの費用感で覚えておけばOK

とはいえ、これだけ見てもまだ幅がありますし、どんな編集をやるのかはっきりしていません

ちゃんとした料金を決めるには発注者との事前の打ち合わせが必須になってきます

Youtube動画編集、相場価格に含まれる内容

✓よくあるYoutubeの動画

  • 動画の時間は10~20分
  • Youtuberがテーマについて話している
  • たまに画像とか出てくる
  • たまにエフェクトが入る

「あー、よく見る動画もこんな感じの内容だ」と思いますよね

個人的な感覚ですが7割くらいはこういう動画がありそうです

こうした動画を作る基本的な編集内容がこちら

✓よくあるYoutubeの動画編集内容

  • カット
  • テロップ
  • エフェクト
  • SE(効果音)、BGM

この編集内容で¥3,000~が相場

この内容なら初心者の人でもできる内容なので、市場にもたくさん案件があります

なので相場の基本となる動画の内容はこんな感じだと思っておきましょう

相場というか価格を考えるときにその中身は重要ですからね

ちなみにサムネイル作成やOP、ED制作は動画編集以外のスキルが必要になってくるので分けて考えます

Youtube動画編集の相場から料金プランを作ろう

Youtube動画編集の相場から料金プランを作ろう

動画編集は人によって価格設定が全く違います

ぶっちゃけてしまうと正確な相場なんてものは実はないというのが正しいのかもしれません

とはいえ、たくさん動画編集の案件を見ていくとある程度の単価はわかってくるのでそれをまとめていきます

動画編集を受けるときには次の項目のうちどれが必要が確認しておきましょう

✓最初に決めるべき編集内容

  • カット
  • テロップ(字幕)
  • SE(効果音)、BGM
  • 演出効果(エフェクト)
  • 画像挿入
  • サムネイル作成
  • OP、ED作成

こういった項目の料金プランの考え方を見ていきましょう

実際のところは細かく金額設定をすることはほぼないですが、提示するときには細かいほうが信用を得やすいという特徴があります

カット

✓カットとは

  • 元の素材となる動画から必要なところだけを切り取って繋げる作業

✓料金の考え方

  • 元の動画の長さとカット数で見よう

Youtubeの動画の場合、カットは基本的に喋ってる、なにかしている部分だけ抜き出すだけなので難しいことはありません

つまり、料金にするにしても安いということ

カットはもとの動画の長さによって値段を変えるのがわかりやすい料金プランになります

✓カットの相場

  • 素材動画10分につき¥5,000で設定
素材動画の長さ値段
~10分¥1,000
10~20分¥2,000
20~30分¥3,000
30~40分¥4,000

目安にするならこれくらいでいいかと

それでもカット数が多いこともあるので、そういうときは加算になると条件に入れておくといいでしょう

「動画の時間の割にカットに時間がかかってしまった」あとから思うことも避けられますよ

テロップ(字幕)

✓テロップ(字幕)とは

  • 出演者が話していることを文字にして動画に表示すること
  • 文字の入れ方は話している内容全部と要点のみがある

✓料金の考え方

  • 基本は動画の長さで決める
  • 全部字幕は価格を上げる

テロップの入れ方は先に決めておきましょう

テロップの入れ方は2種類ありますが、全部の場合は料金は上げてOKかと

という理由は次の通り

  • 全部の入れる → 何も考えずに作業するだけだが作業量が多い
  • 要所のみ入れる → 何を入れるか考えないといけないが作業量は少ない

こうなるので料金の差はつけていいでしょう

個人的には何も考えずにテロップをつけるのも楽だと思ってます

✓テロップの相場

  • 素材動画10分につき¥5,000で設定
素材動画の長さ値段
~10分¥1,000
10~20分¥2,000
20~30分¥3,000
30~40分¥4,000
全部字幕上記の金額の1.5倍

料金の相場はカットと同じ

カットとテロップはどちらもほぼ必ずやるものなので、セットで金額を考えてもいいですね

演出効果(エフェクト)

✓演出効果(エフェクト)とは

  • 動画に様々な演出を加えてクオリティを高めるもの

✓料金の考え方

  • 動画編集ソフトにあるよく使うエフェクトだけなら基本料金
  • 数が多くなるなら料金を加算

エフェクトは使用する動画編集ソフトに入っているものなら簡単につけることができます

どこにどのエフェクトを付けるかを考えないといけないので、その分の検討費用として最低限の費用は必要になります

✓演出効果(エフェクト)の相場

  • 基本は¥1,000
内容値段
基本料金¥1,000
つける数が多い¥1,000
こだわりが多い¥1,000

よく使うものをいくつかつけるくらいなら、料金無しで
こだわりがあるようならオプションと言う形にしておくといいでしょう

SE(効果音)、BGM

✓SE(効果音)、BGMとは

  • SEは動画に何かの音を鳴らすこと
  • BGMは動画の後ろで流れる音楽を入れること

✓料金の考え方

  • よく使うSEで良ければ基本の金額
  • 音楽はこちらで自由にしてよければ費用の加算はなし
  • 音楽の支給がある場合も費用は加算しない

※使用する音は著作権に注意

SE、BGMのありなしもはじめに決めておきましょう

SEやBGMはこだわりが強くなければこちらで適当におまけで音源を当てますが、細かい指定があるようならオプションとして料金を加算しておくといいでしょう

要望が多すぎないならおまけしますが、オプションにするかは自分で決めてOK

BGMも同じで要望が多ければオプションで費用をもらってもいいでしょう

✓SE(効果音)、BGMの相場

  • 基本は¥1,000
内容値段
基本料金¥1,000
SEこだわり¥1,000
BGMこだわり¥1,000

SEやBGMはあまり作業時間がかからないので、料金をもらわないこともあります

そして発注者が最初から含んでいると思っている場合もあるので、費用をもらうならきちんと取り決めをしておきましょう

画像挿入

✓画像挿入とは

  • 動画の途中に画像を表示すること

✓料金の考え方

  • 挿入する画像の数で決める
  • 画像もこちらで用意するなら料金は加算する

画像挿入は文字通り、動画に画像を入れて表示するだけの作業になります

数が少ないようならおまけで入れたりも良くしますけど、多くなるようなら¥1,000~で費用をもらうこともできますね

✓画像挿入の相場

  • 基本は¥1,000
内容値段
数枚¥0
5枚以上¥1,000
画像を用意する¥1,000

基本的に発注者から画像はもらいますが、適当に動画に合う画像を用意するように求められることも

かかる手間に応じて費用を貰えるように言ってみるといいでしょう

サムネイル制作

✓サムネイル制作とは

  • 動画を一覧表示したときに出る画像を作る
  • サムネイルは動画の入り口で超重要
  • 動画の再生数に大きく影響する

✓料金の考え方

  • どのくらい作成に時間がかかるかが基本
  • 決まった構成などがあると早くできる
  • ヒアリングなども必要なら価格アップ

サムネイルはYoutube動画のでも重要度の高いものになります

サムネイルの出来が悪いとどれだけいい動画を作っても再生すらされません

やることは画像編集なので動画編集とは違ったスキルが必要ですが、動画編集をやるならサムネイル制作もできる方が有利です

どういうサムネイルにすればいいかは発注者の希望を聞き、なければ自分なりのテンプレートを用意しておいて選んでもらうと楽かと思います

テンプレートを作れば意外と売れるものですし、利益率も高いのでより稼げるようになりますよ

✓サムネイル制作の相場

  • 基本は¥2,000円
内容値段
基本¥2,000
ヒアリング¥2,000
デザイン¥1,000

注文の内容に合わせて¥2,000~¥5,000くらいで良いと言われていますね

おまかせで好きなように作っても良ければ単価は安くできますが、細かい修正が発生するようならヒアリングやデザインの費用を設けてもいいでしょう

サムネイル制作に必要なスキル

✓サムネイルを作るには

  • 画像編集スキルが必要

サムネイルは動画ではなく画像なので、動画編集とは違ったソフトが必要になります

Adobe社のソフトならPhotoshopでできますね

OP、ED制作

✓OP、ED制作とは

  • 動画をの始まりや終わりの演出テンプレートを作る
  • 基本は使いまわしなので一度きり

✓料金の考え方

  • どのくらい作成に時間がかかるかが基本
  • ヒアリングは必須
  • お手本になるYoutuberを指定してもらえると楽

Youtuberでも登録者数も増えてきて、人気が出てきた人は動画の質を上げるためにいろいろとやり始めます

OPやEDをつけるのは効果的なので、よくある依頼といっていいでしょう

同じチャンネルの動画には使い回すので、費用をかけてでもいいものを作りたいという感じの人が多いですね

そのため、単価も少し高めになってます

高額なものになると10万円なんてこともありますよ

✓OP、ED制作相場

  • 基本は¥10,000
内容値段
OP作成¥10,000
ED作成¥10,000
ヒアリング
デザイン設計
要相談

基本は各1万円ほどで設定しておきましょう

あとは作業時間に合わせてで交渉すればOK

OP、ED制作に必要なスキル

✓OP、EDを作るには

  • アニメーション制作スキルが必要

OPやEDは短時間で個性のあるものを作るので、アニメーションを使用することが多いです

アニメーションは動画編集ソフトでやってやれないこともないですが、それ用のソフトがあるとよりいいものが作れます

その分、稼ぐこともできるので、できるならアニメーション制作もできるようになりましょう

Adobe社のソフトならAfter Effectsでできますよ

動画編集の単価の相場

相場となるとある程度、幅のあるものになるのでわかりやすく単価としてまとめてみましょう

✓Youtubeの動画編集:単価表

内容単価備考
カット¥1,000素材動画時間
10分以内
+カットオプション¥1,000素材動画+10分
テロップ¥1,000素材動画時間
10分以内
+テロップオプション¥1,000素材動画+10分
エフェクト¥1,0005箇所まで
+エフェクト追加¥1,0005箇所
SE、BGM¥1,000SE基本4種
BGM1曲
画像挿入¥1,0005枚まで
+枚数追加¥1,000+5枚
サムネイル作成¥2,000
OP制作¥10,000
ED制作¥10,000

この金額をベースに見積りをする

他のオプションは要相談

発注者によって実際にやる動画編集は全く違ってくるので、とりあえずこの単価表で提案してみましょう

こうした金額の細分化は相手の納得感を高めることができて、仕事の成約率にも直結するので、意識しておきましょう

Youtubeの動画編集の外注委託先とその相場

Youtubeの動画編集の外注委託先とその相場

Youtubeの動画編集を外注委託するときに利用される、おすすめサービスは次の通り

✓外部委託に使うサービス

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

副業をしている人やフリーランスの方が依頼を受けるときに活躍するサービスなので、必ず登録しておきましょう

詳しい内容は【未経験OK】動画編集の依頼はクラウドソーシングから受ける【おすすめサービス4選】を読んでみてください

特にこの3つのサービスは利用者も多いので、他の人がどのくらいの単価で動画編集を引き受けているかもリサーチしやすいですよ

サービスごとの相場も一緒に紹介していく、参考にしてみてください

クラウドワークスの動画編集の相場

✓クラウドワークスの相場

  • 単純な編集で10分以内の動画が¥3,000

クラウドワークスには手数料がかかるので、実際にはこの売上のうち5~20%は引かれてしまいます

クラウドワークスとは

✓クラウドワークスの特徴

  • 利用者数が国内最大級
  • 案件数も多い
  • ジャンルも豊富
  • 自分に合う依頼が見つけやすい
  • 実績を評価してくれる制度もある
  • 優秀な人には直接、依頼が来る
  • Youtubeの仕事もかなり多い

クラウドワークスは未経験、初心者からでも受けられる依頼から上級者が受けるような依頼まで幅広く扱っています

なので、始めやすいと非常に評判のいいサービスですね

クラウドソーシングサービスはいくつもありますけど、まずはここで依頼を探してみるべき

クラウドワークスの登録はこちら

ランサーズの動画編集の相場

✓ランサーズの相場

  • 単純な編集で10分以内の動画が¥3,000

ランサーズも手数料がかかります

クラウドワークスと同じく5~20%が引かれてしまいます

ランサーズとは

✓ランサーズの特徴

  • 利用者数が国内最大級
  • 案件数も多い
  • 評価制度あり
  • 優秀なクリエイターは依頼が来る
  • Youtubeの仕事も多い
  • 好評価な口コミが多い

クラウドワークスよりも案件数は少ないですけど、好条件な依頼が見つかりやすいです

その分依頼の難易度が高いこともあるので、最初からランサーズは少しハードルが高いかもしれません

実績を積んで収益を多くしたいならおすすめのサービスですね

ランサーズの登録はこちら

ココナラの動画編集の相場

✓ココナラの相場

  • 単純な編集で10分以内の動画が¥2,000

ココナラの手数料は高めで10%~25%となっています

単価はクラウドワークスやランサーズよりも安く、ライトな依頼が多い印象

ココナラとは

✓ココナラの特徴

  • お手軽な案件がメイン
  • 案件数自体は少ない
  • 単価は安い
  • 初心者は入りやすい

クラウドワークスやランサーズとは若干ジャンルが違うサービスでライトな仕事が多いのがココナラです

その分、編集のレベルも全体的に低めでいいものが見つけやすいので、初心者はここから入るのはいいかも

僕もはじめはココナラからスタートしましたし

ココナラの登録はこちら

動画制作会社へ動画編集を外注する相場

✓動画制作会社の相場

  • 動画編集だけで¥50,000~¥100,000

✓動画制作会社に外注するメリット

  • 品質や納期がきちんとしている
  • 編集だけでなく制作全部も依頼できる

ちなみに法人が動画編集を依頼するなら、当たり外れのある個人の動画編集者よりも動画制作会社を利用するほうがいいかと

価格は個人に依頼するのとは比べ物になりませんが、法人なら法人に依頼するほうが効率がいいですね

ちなみに動作制作を全部やってもらうと数十万円~の金額になったりします

Youtube動画編集の相場、安すぎ問題

Youtube動画編集の相場、安すぎ問題

✓相場から計算する時給

  • 10分程度の動画の単価:¥3,000
  • かかる作業時間:5時間程度
  • 時給¥500~¥600程度

ここまででお話したことをまとめると明らかに時給が低いと気づいた方もいるのではないでしょうか

「思ってたよりも相場が安すぎてやる気なくした」

そんな声が聞こえてきそうですね

実際にやってみるとお小遣いくらいは稼げますけど、大きく稼ぐのは難しいです

どうしたら稼げるようになるかも簡単にお話しておこうと思います

詳しいやり方は【未経験OK】動画編集の仕事の取り方【0から1の実績を作る方法】この記事を参考にしてください

Youtubeの動画編集が安くしか受けられない、、、

✓安い時間単価

  • 時給に直して¥1,000以下なら安い

自分が今引き受けている、これから引き受けようとする仕事の時間単価を計算してみて下さい

この時間単価を少しでも上げられるように、提案や金額設定を考えていくしかありません

初心者であれば、安くても実績を重ねてスキルアップするつもりでやるのはありです

でもいつまでも消耗し続けるのはやめましょう

単価を上げていける動画編集者とは

✓単価を上げるためにやること

  • 付加価値をつける
  • 競争率の低いジャンルを探す

誰でもできる作業を引き受けていては、いつまでも自分の単価を上げることはできないでしょう

単価を上げるにはそれだけの価値のあるものを提供していくしかありません

例えばですが、

✓付加価値の例

  • 納期が早い
  • 得意なジャンルがある
  • 個性的な動画を作れる etc…..

強みについては様々なジャンルがあるので、自分の得意が活かせるものを形にしていくのが理想だと思います

ゲームが好きならゲームの動画をかっこよく作れると、継続して依頼してくれる人も増えるでしょう

Youtubeの動画編集の相場まとめ

Youtubeの動画編集の相場まとめ

Youtubeの動画編集ってこれくらいの単価が相場なんだね

クラウドソーシングなんかだと初心者でも仕事を取れる代わりに相場は安くて当然って感じですね

相場以上の仕事はそれだけレベルの高いスキルが求められるのね

誰でもできる仕事の相場からどれだけ単価をあげられるかで自分の付加価値もわかるようになるよ

✓Youtube動画編集の相場まとめ

  • 簡単な編集で10分以内なら¥3,000
  • あとは内容に応じて細かく交渉

最後に重要なポイントをお話しておきます

相場というものは誰でもできる仕事をみんなが取り合って、競争によってできた金額です

別の言い方をすれば同じことをできる人が多いから相場が生まれるということ

自分にしかできない付加価値を作り出すことにができれば、そこにはもう相場は存在しないんですよね

値段も自由に設定し放題の世界です

本当に目指すべきはそういう相場のないところで仕事をできるように進んでいくことだと思うので、頑張りがいがありますね

今回は以上となります

この記事が参考になれば幸いです