ノウハウ

【稼げる仕事】動画編集スキルの需要は高い【今から始めてもOK】

動画編集のスキルって需要あるらしいけど、本当に稼げるのかな?

動画編集は需要高くて稼げるスキルだよ

やってる人も多いらしいけど、今からじゃ遅くないかな?

やっていけばすぐ追いつけるから問題ないよ

こんにちは、おだにです。動画編集者の応援ブログ運営をしています

今回の記事はこんな人向け

  • 動画編集スキルの需要があるか知りたい
  • なぜ動画編集のスキルが需要があるのかわからない
  • 動画編集のスキルの需要は続くのか知りたい

今回の記事では

身につけたら稼げるスキルとして動画編集やろうかと悩んでいるあなた

に向けて必要な情報をまとめてあります

本記事の内容
  1. 動画編集スキルの需要をデータで解説
  2. なぜ動画編集スキルの需要が高いのか
  3. 動画編集スキルの需要の将来性

スキルを身につけて収入を得たい

やるなら結果になりやすいものをやりたいと思いますよね

本記事を読めば「動画編集のスキルを身につけるとどういう将来が待っているのか」がイメージできるようになりますよ

動画編集はトップクラスに優秀なスキル

  • 身につけるために必要な時間
  • 得られる収入

コスパを考えるとやったほうがいい理由がたくさん

本当にそうなの?と疑問に思う人も多いでしょう

なので、その理由を詳しく解説していきます

動画編集スキルに資格はいりません
手にクリエイターの職つけたい人向け

すぐにでも始めようと思う人はこちらの記事をどうぞ

動画編集スキルの需要は高まり続けている

高まり続けている

✓結論

  • 動画編集のスキルはまだまだ需要は続く
  • 今からでもスキルを身につければ稼げる

身の回りの動画コンテンツがここ数年で増えてる気がしませんか?

  • Youtube
  • TikTok
  • テレビ番組のネット配信サービス
  • Netflixなんかの動画配信サービス
  • これらについている広告

あなたもきっと動画コンテンツの多さを感じているはず

なんとなくわかるほど動画業界は規模が大きく広がってるんです

✓動画編集のスキルのメリット

  • あらゆる映像制作の仕事で有利に
  • クリエイターとして仕事ができる
  • フリーランスで案件を取れる
  • 副業で収入を得る

という感じで動画編集スキルは役立ちます

動画業界のピークはこれから!

しばらく需要は伸び続けるわ

動画編集スキルの需要は高い理由

高い理由

✓動画編集スキルの需要が高い理由

  • 多くの情報が伝わる
  • 拡散する
  • 大きく稼ぐ人がいる
  • 動画コンテンツが増えている
  • スマホ利用者が増加
  • 5Gが始まった

動画が流行っているのは誰でも知っているほど身近になりましたね

「なぜ動画が流行るのか?」をまずは解説していきます

動画流行る理由がわかる

→ 動画編集スキルに需要がある理由がわかる

動画は多くの情報が伝わる

✓動画で伝わる情報

  • 動き
  • 時間軸
  • 感情

文字だけで説明をされてもなかなか情報は伝わりません

明らかに動画の方がより伝えられる情報が多い

例えばですが、次の文を読んでキャラクターをイメージしてみてください

✓文章で伝える情報が遅い例

  • 大きな頭と短い胴
  • 手足が青
  • 顔と腹部と手足の先は白
  • 鼻としっぽは赤
  • ずんぐりむっくりの愛嬌ある風貌
  • 猫型ロボット
  • でも、見た目はたぬき
  • おなかにある四次元ポケット
  • 未来のひみつ道具を持っている

読めば誰でもわかるあのキャラクターですね

答えがわかるまでに何秒か時間がかかりませんでしたか?

しかし、絵で見ればひと目で何のキャラクターか理解できますよね

文章と絵だけでも情報の差は大きい

動画ではさらに持っている情報が増えます

たくさんの情報を一度に伝えれられる動画は満足度を高くなるのも当然

情報が多いと人は内容を早く理解できます

動画の良さはまさにこれですね

動画は記憶に残りやすい

✓動画は記憶に残る

  • 文字よりも2倍記憶に残る

動画の情報量が多さは表現しにくいですが、

1分の動画には200万文字の情報量がある

なんて言う話もあったりします

本当かどうかわかりませんが、、、

記憶に残りやすいということは科学的にも証明済み

ラーニングピラミッドなんて言われていますね

「ラーニングピラミッド」の画像検索結果
キャリア教育ラボ

読書(文字)が10%に対して、動画(視聴覚)は20%なので2倍ということ

ちらっと見た動画がずっと頭に残るのも科学的に証明されているんですね

動画は一気に拡散する

✓動画の広がり安い理由

  • いつでも見れる
  • 何回でも見れる
  • 他の人にもシェアできる
  • 同じもの共有したいと思う

面白い動画はSNSで簡単にシェアできる

他の人と同じものを見て一緒に楽しめる良さがある

動画は感情的なつながりを生み出しやすい

共感を得たい気持ちから、動画は一気に広がるんです

この広がりやすさを拡散バズる、悪い言い方だと炎上なんて表現しますね

情報量が多さ × 記憶の残りやすさ × 広がりやすさ

動画が流行る理由がよくわかりますね

大金を稼ぐ人がたくさん

✓動画で大金持ちになった人の年収

  • 1億円以上がごろごろいる

動画の力をうまく活かせた人の年収が1億円を超えることも有名ですね

それを知ったひとが、動画配信を始めるのも当たり前

動画配信者が増える → 動画を編集する人の需要も高まる

この流れは自然なことだとわかります

あとから始めた人も稼げている

人が集まるのも納得ですね

動画コンテンツが増えている

✓有名な動画が見られるコンテンツ

  • Youtube
  • TikTok
  • Instagram
  • Twitter

あなたが普段使う動画コンテンツはどんなものありますか?

ここ数年でいくつもの動画コンテンツがみんなに使われるようになりました

それだけ企業にとっても稼げる分野で、視聴者も楽しんでるということ

テレビや新聞、雑誌などは逆に減ってますよ

5Gで動画がさらに身近に

✓5Gのとは

  • スマホでインターネットが超高速になる通信

最近、スマホ各社が5Gを始めて、さらに通信環境がよくなりました

プランも安くなったので通信制限で動画を見ないようにしていた人がこれからどんどん動画を見るようになります

スマホの普及率も年々増加していて、さらに動画を見る人は増えます

2023年頃には5Gが主流に

それまでは確実に動画業界は伸び続けるでしょう

動画編集スキルの需要はデータでわかる

データでわかる

動画が伸びているというのは、雰囲気だけではありません

ちゃんとしたデータをいろいろな調査機関が調べて公表してくれているので、ここではそのデータをいくつか紹介していきましょう

データは数年前のもの、今後の予測なども含まれています

参考程度に見てください

動画配信市場の規模は大きくなっている

総務省 情報通信白書

✓動画配信サービスの規模

  • 最近はサブスクの利用が大幅に増えている

総務省が発信している「情報通信白書」で、動画配信サービスの規模が大きくなっているデータを公開しています

最初は無料の動画配信サービスから広まり、続いてサブスクのサービスが伸びを見せている

総務省はまだまだ上昇すると考えているみたいですね

動画配信サービスの登録者が増えている事がわかるね

動画広告の市場規模

サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査

✓動画広告市場

  • 動画広告はスマホの利用者がメインターゲット

この2年で動画広告の市場はほぼ2倍に増えました

動画コンテンツやSNSの広告費用が、テレビを超えたニュースも驚きますよね

そして動画広告市場はまだ伸びるとこの調査でも言われていますね

動画広告市場の中で一番大きいのはYoutubeだよ

Youtube利用者数

272_Brandcast_01_1600_201201_ver2.png
Think with Google

✓Youtubeの利用者数

  • 6,500万人を突破 (2020年9月)

動画コンテンツの中で一番有名なのはYoutubeでしょう

幅広い世代に見られていて、なくなってほしくない動画コンテンツ1位に輝いていますね

最近ではYoutubeをテレビ画面で映してみんなで楽しむスタイルがトレンドのようです

やり方は驚くほど簡単で

  • Wifi環境
  • AmazonFireStick

この2つがあれば、簡単にテレビでYoutubeが見られるようになります

価格も¥5,000で買えるので、始める人が多いのも納得

テレビも動画を見るメディアになっているんですね

動画配信サービス利用者数

ニールセン調査

✓動画配信サービスの利用者数

  • 若い世代の利用者数が1年で30%以上増えている

特に利用されている動画配信サービス上位5つは

  • YouTube
  • AbemaTV
  • GYAO!
  • TVer
  • ニコニコ動画

この利用者数の増加は50歳以上でも

幅広い世代が動画を見ているということがわかりますね

利用者が増えるほど、動画に関する仕事も増える

動画編集の仕事を受けるにはクラウドソーシングがおすすめ

【未経験OK】動画編集の依頼はクラウドソーシングから受ける【おすすめサービス4選】

動画編集スキルは今からでは遅い?

今からでは遅い?

✓今から動画編集をやろうとする人の疑問

  • 今からだと先にやってる人がいて無理かも
  • やる人が増えすぎてもう余るかもしれない
  • AIがそのうち自動で編集してくれるかも

これから動画編集をやっていこうとする人は、こうした疑問をもつ人も多いはず

せっかく頑張っても結果が出ないのは悲しいですからね

でも安心してください

今からやっても全然成果は出せます

なぜそう言い切れるのか解説していきますね

あとから始める人は既に情報があるので成長するのも早いメリットもあるよ

動画編集を始めてみようと思う方はこちらの記事が役に立ちます!

動画編集を始めよう!これから動画編集を始めるなら、まずはパソコンと動画編集ソフトを準備しないといけませんね でも、パソコンってどれを選べばいいのかわからない、動画編集ソフトって何があるの? そんな疑問に答えていきます。 動画編集に興味をもったのならぜひチャレンジしましょう...

今からやっても稼げない?

✓今からでも稼げる理由

  • 業界が伸びているから編集者が足りていない

動画業界はまだまだ拡大を続けていきます

今でも既に動画編集者が足りなくなっている

基本的なスキルを身に着けたらも仕事を取るのも余裕です

もちろん業界トップの実力を目指すというなら、昔からやっている人にはなかなか勝てない世界です

仕事として案件を受けるくらいなら数ヶ月あれば大丈夫

一流のシェフになれなくても飲食店を開業することができるのと同じこと

稼げるレベルには誰でもなれる

動画編集する人が多くて余らない?

✓動画編集者は余るか

  • 誰でもできる基本だけでは余る

動画編集をやるための基本スキルは

  • カット
  • テロップ(字幕)
  • SE、BGM
  • エフェクト

この辺がスムーズにできるということ

しかし、誰でもできるレベルのことなので、これだけやっている人ははっきり言って余ります

動画編集というのは、絵を書くことと同じで表現をする力が必要

絵を描くのも練習すればある程度うまくなります

しかし、それだけではダメ

人を引きつけるものはあなたらしさを表現できる様になることが必要

個性が出せれば他の人は関係なく仕事が取れるようになります

  • ゲーム実況を見やすくまとめる
  • わかりやすい料理動画を作れる

難しく考えなくてもこういう個性でOK

個性ある編集ができれば全く問題なし

早くスキルアップしたい人は、スクールを利用する方が独学よりも圧倒的に早いですよ

【スキル上達】動画編集スクール&オンライン講座4選【目標を達成できる】

こちらの記事書いているので、興味のある方はどうぞ

AIに仕事を取られるんじゃない?

✓AIができる仕事

  • 誰にでもできるレベルは取られる可能性あり

AIが発達したとしたら、得するのは間違いなく動画編集者

  • 誰にでもできる作業をAIがやる
  • クリエイティブなことは人がやる

こんな感じなので、AIがすべてをやるのは無理です

そもそもAIは単純作業に向いていて、クリエイティブな作業は人じゃないとできません

AIとはそういう使われ方をするものですから

AIはあくまでも使う人のためもの

人を排除する形にはならない

動画編集の需要は続く、スキルを身に着けよう

スキルを身に着けよう

動画編集の需要があるってぼんやりしか知らなかったわ

動画業界が伸びてるのはいろんなデータではっきりしてるから間違いないよね

動画編集スキルを身に着けたら役に立ちそうだね

需要がある分、稼げる可能性も高いからやる価値は十分にあるよ

✓動画編集スキルの需要まとめ

  • 動画は情報量が多いコンテンツ
  • 活用して稼ぐ人が多くいる
  • 需要の多さはデータはっきりしている
  • 今からスキルを身に着けても稼げる
  • 将来性もある

動画コンテンツの業界が大きくなり続けている今、動画編集はそれだけ需要の多いスキル

この波はこれからしばらくは続くから将来性も○

うまく乗ることができれば大きく稼ぐこともできる

需要が多いから動画編集を始める人も多いから、自分らしい編集のスキルを身につけることは必要

とはいえ、身につけるには十分な見返りが期待できるスキルなのでぜひチャレンジしてみてください

では今日はここまで